2018年の初詣に必ず僕がすることとは?

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

僕はよくお賽銭を『1万円札』ですることあります。

2014年の12月に『お金に好かれる専門家』として歩き始め、翌年の1月の初詣になぜかわかりませんが

「1万円札、入れて見ようかな。。」

と思うことがあったのです。

 

 

 

 

 

当時はまだどうなるかもわからず、金銭面でも決して楽ではないとき。

そして振り返ると1月に僕は6回ほどお賽銭をしているのです。

 

「なぜ、そんなことをするのですか?」

と不思議に思う方も少なくないかもしれません。

 

 

 

例えば、

1万円払えば宝くじの1等が当たる。。。と決まっていれば払わない人はいないかと思います。

それと同じ感覚なんです。

僕は気がつけばお賽銭をした100倍以上のものが返って来ていました。

 

 

そして、『手放す体験』をしてください。

これが一番大切かな。

 

銀行からお金をおろすとき、すごく『嫌』でした(笑)

財布からお金を出しお賽銭箱にいれるとき、ものすごく『嫌』でした(笑)

 

 

 

でも、ヒラヒラと『1万円札』が手を離れてお賽銭箱に入ると不思議と

「あっ、、もういいか。。。」

と驚くくらいあっさりした気分になれます。

ドサッと重いものが落ちて、爽快感だけが残ります。

 

 

「やっぱり、やめとけばよかった。。」

とは一度も思ったことがありません。

 

 

 

『執着』を手放す体験はとても質の良い『マインドセット』になります。

2018年の初詣ではぜひお試しください。

そして100倍になって返った来たときはこっそり教えてくださいね(笑)

 

 

 

 

 

今年の初詣はマスター塾のメンバーも参加されるので楽しくなりそうです。

そういえば「こちらのワーク」はもう体験されましたか?

あなたにとっても今日は最高の2017年最後の日になりそうですね。

素敵な日をお過ごしくださいね^^

口ではいくらでも言えるのが人。

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

『甘え』があるうちは
『お金』には好かれません。
自分との約束を守ることも1つかな。

 

 

そこにおける『期日』は非常に大切です。

「期日」が守れない理由は
なんであれ関係ありません。

そこはやはり「生きざま」です。

 

 

 

口ではいくらでも言えるのが人。

そしてそんな人を
僕は否定はしません。

どんな生き方も
自分で責任を持つと決めたはず

 

 

「生きざま」ってやはり大事。

僕は上げ足をとることは
苦手なので「聞いてない」フリをよくします。

 

なので

「あの約束どうなった。。」

とは聞きません。

 

 

エジソンは

『やる!!』

と決めたから電気を発明することが出来ました。

 

本田圭佑さんは

『やる!!』

と決めたから世界に羽ばたくことが出来ました。

 

 

 

ほんの少しの甘えが
『未来を変えるチャンス』を
逃すことが大いにあります。

 

そして『自分との約束を守れない人』に
二度と声をかけることはないでしょう。

 

 

2017年、
もう一度振り返ってみましょう。

あの『約束』、、、
なかったことにしていませんか?

 

それは

・ありがとう
かもしないし

・ごめんなさい
かもしれません。

 

 

あと1日、
少し思い出してみると
いいかもしれませんね^^

「ない」と思っていた本当に欲しかったもの

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

2017年も
気がつけば全国を飛び回っていました。

そんな僕が一番好きなのは
やはり自宅

 

 

数日間の旅先から
帰宅するときの
あの地元の駅の改札までの
階段を降りていく感じはたまらない

タイミングが合うときは
奥さんが駅まで迎えに来てくれます。

 

 

そんな時、、
いつも次男が付いてきて
改札口で恋人のように待っています、

 

こんな事がありました。

いつもと同じように
改札口を見渡すといない、、、

 

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

少し淋しくなりながら
車のドアを開けると後ろから
『ワッ!!』と驚かす声が。

 

僕をビックリさせる為に
次男が隠れていたんですね笑

こんな小さな幸せが大好きです。

そしてこんな小さな幸せだけで
僕はいいのです。

 

 

 

毎日の中で
お金では購入する事ができない
本当の幸せを見つける事ができた時

あなたの本当の人生のゴールが見つかり
あれほど怖かった
お金に振り回されることから解放されます。

 

 

 

なぜなら
本当に価値のあるものに
感謝ができる思考が生まれたから

実は
「ない」と思っていた
本当に欲しかったものは

最初から
ずっとそばにあったのでした。

 

 

 

そんなことを思いながら
自宅に帰る車中ではなぜか、
チャゲの《エピローグ》が頭の中で流れていました^ ^

本当の事を話しても怖くはない

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

予定は自分の都合

予定が合わない
都合が合わない

実は言い訳

だって
本当に会いたいなら
本当に行きたいなら

どんなことをしても
行動するはずだから

 

 

予定が合わない
都合が合わない

本当の事を話しても
怖くないよ

お金がないから

行きたくないから

興味がないから

 

 

そうするとね
自然にあなたの
まわりに
「素直」な人が
集まってくるんだ

怖いかな
怖いよね

 

 

大丈夫だって
「嫌われるメリット」に
気がつけばいいだけなのです。

あなたを飛躍させる環境

株式会社ホーリーツリー代表

山中シゲノブです。

午前6時にスタートしました
・世界観ブランディング実践マスター塾
オンラインコミュニティ”ラッキー”
→ http://s-bible.com/lp2/1-11/1-2/

 

 

30人プレミアム特別価格は
残り15人で終了となります。

早朝から
待っていた方が
たくさんおられたみたい、、^^

そういえば
こんなことを思い出しました。

 

 

2016年
僕の会社の売上は
1500万円ほど、、

どうしたら
3000万円を超えるのかが
本当にわからなくて
頭を抱えていたのが、、、
2017年の1月くらい。

そして
尊敬する北野さん、大谷さんの
運営される「コンラボ」という
コミュニティを購入しました。

 

 

その時の特典が、
・先着7名様グループコンサル
だったんですね。

募集開始は午前6時、、

僕は5時50分にサイトを開き、、
なぜかお申し込みボタンをクリック、、

★☆★☆
・なぜかお申し込みができた!!
★☆★☆

午前6時からなのに
なぜかお申し込みができ、、
すぐに入金をしました。

 

 

 

でも、
「もっと早くお申し込みを
した人がいるんだろうな、、、」
と先着特典は諦めていました。

そして1ヶ月後、、

先着特典のグルーコンサルの案内が
メールで届き、、

北野さん、大谷さんに
「大きなビジネスのヒント」
をもらった。

そこからも
色んなご縁で
田中さんのローンチ講座に出会い、

2017年、
会社が関わった案件の
総売上は
【5800万円】を超えたのでした。

 

 

 

「山中さん、、
3000万とかいってちゃ、、ダメですよ!
5000万は簡単に目指さないと!」

北野さんが
僕に言ってくれた言葉が
今でも胸に残っています。

 

 

ここで僕が何を伝えたいかというと
「環境」
なんですね。

2017年飛躍できた
大きな理由は「環境」です。

あなたにとっての
2018年を飛躍させる「環境」こそ

・世界観ブランディング実践マスター塾
オンラインコミュニティ”ラッキー”

です。

 

 

30人プレミアム特別価格は
残り半数になりました。

あなたの飛躍を
心から応援していますね!

・世界観ブランディング実践マスター塾
オンラインコミュニティ”ラッキー”に参加する
→ http://s-bible.com/lp2/1-11/1-2/

 

 

最初の1歩を踏み出す勇気

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

いつでも人は変われると僕は信じています。

僕は何十人もそうして
『輝く』ことをできる人を
見させていただきました。

チャンスは簡単。
自分から動き出した時、、、

たったこれだけなのです。

 

 

 

驚くくらいに簡単で、
でもなかなかそれができない人が
少なくありません。

モヤモヤしている時って
他人のことばかり気になります。

言い換えれば、
動かずに同じところにいる状態です。

 

 

 

 

でも、
いったん動き出せば【集中する】と
いうギフトが手に入ります。

それは言い換えれば

・一生懸命に生きている

ということです。

 

 

 

 

こうなれば、強いです。
ガンガン色んな事に挑戦できます。
そしてあるとき「奇跡」に出会います。

「あの時のアレがこう繋がって、
そしてこんなところでまた繋がって。。。」

自分自身の奇跡のストーリ―を
僕に嬉しそうに話してくれた彼女。

聞けば本当にドラマのような展開で
今の景色を見ていることに気がつきました。

 

 

 

 

【最初の1歩を踏み出す勇気】

それさえできれば
未来は簡単に変えていくことが
できるんですよね^^

「あの人」なら、、、って思われる人生を歩む

お金に好かれる専門家 山中シゲノブです。

起業して、「すごい人」になると仕事がうまくいくと思っていました。

そして、どうしたら「すごい人」になれるかなんて全くわからない。

とりあえず、「すごい人」って言われている人に順番に会いに行こう、、、

なんてことを真剣にしていました(笑)

 

で、答えは「すごい」って何?

でした(笑)

 

 

 

 

収入がすごい、、、違う

人気がすごい、、、違う

集客がすごい、、、違う

僕の中で生まれた答えは

ありのまま素直に生きている人でした。

そして、そのフレーズでいつも真っ先に思い浮かぶのがこの人、、、

 

 

 

 

 

 

ビートたけしさん。

たけしさんが話す言葉はいつも、すごくありのままで透き通っています。

そこに自分がどうみらえているなんて、全く関係のないありのまま。

 

 

変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う。

 

 

 

若いのが作法を学ばないのは、手本になる大人がいないからだ。少なくとも男にとっての作法は、ある種の憧れだったり、「あのときのあの人は格好良かったな」という記憶だ。身近にそんな人がいたら、強制なんかされなくたって真似したくなる。鮨の食い方にしても、酒の飲み方にしても、昔はそうやって格好いい大人の真似をして覚えたものだ。そう考えると、年寄りが「いまの若いのは作法がなってない」と言うのは、天にツバするのと同じことかもしれない。

 

 

 

===

俺は怒ったり、命令したりはしない。まずスタッフに聞く。「こういうふうに撮りたいんだけど駄目かな?」「このシーンはどうやって撮ればいい?」最終的には自分のやりたいようにやっているのだが、もしかしたらもっといい意見が出るかもしれないから、まず聞くのだ。みんな映画が好きでこの仕事をしているわけだから、意見を求められれば、一所懸命考えて働いてくれる。だから手抜きなんか絶対にしない。スタッフの能力を最大限に引き出すには、これが一番だと思っている。

===

 

===

自分を客観的に眺めて、生きていることを演出するとしたら、一番の理想は、いい映画を撮れたときに死ぬことだ。しかし、映画っていうものは完成した瞬間に、気に入らないところが次々に見えてくる。自分の映画に、満足することはない。満足するようじゃ映画監督なんて続けられない。だから俺も、生きることに興味がないなんて言いながら、いざ死神があらわれたら、こう言ってしまいそうな気がする。「あと1本だけ映画撮らせてくれねぇか」人間、歳を取るとずうずうしくなる。

===

 

===

料理人に会ったら料理のこと、運転手に会ったらクルマのこと、坊さんに会ったらあの世のことでも何でも、知ったかぶりせずに、素直な気持ちで聞いてみたらいい。自慢話なんかしているより、ずっと世界が広がるし、何より場が楽しくなる。たとえ知っていたとしても、一応ちゃんと聞くのだ。そうすれば、専門家というものは、きっとこちらの知らないことまで話してくれる。井戸を掘っても、誘い水をしないと水が湧いてこないように、人との会話にも誘い水が必要なのだ。

===

 

 

 

いつもね、「たけしさん」なら、、、って考えるわけです。

そして、気がつけばたくさんの人が応援してくれるようになりました。

 

 

===

まずは…この人なしで、今年は語れない!

山中シゲノブさんキラキラ

 

 

今年の私のブログに、多分軽く10回は登場している【お金に好かれる専門家】さん。

 

 

{A5560E5F-F14B-4B97-BE4B-4E9726183446}

↑人として、また起業に当たりとても大切なことを、気さくさと軽妙な関西弁トークに織り交ぜて、サラリと分かりやすくお伝えくださるんですよねウインク

 

1月25日に函館で『お金に好かれるランチ会』があるので、この機会にぜひ会ってみてください!

あ、お金に好かれたい人だけね(笑)

 

山中さんに出会えたおかげで、私、確実に強くなれたし、ぶれなくなった!

本当にありがとうございます爆笑

===

 

彼女もひょっとしたら、

「山中さんなら、こんな時どうしているだろう?」

って考えてくれているかもしれません。

 

そして、僕はいつも

「たけしさんなら、こんな時は?」

って考えています。

 

 

 

 

 

傲慢にならず、常に学ぶことさえ意識さえすれば、自ずと「豊かな人生」は創り出されるものだと僕は思います。

そして1人でも、「あの人」なら、、、って思える人に出会い、そして自分自身もそう思われれる生き方をしていきたいものですね。

ぜひ、ご参考にしてください^^

笑われるくらいの人生で丁度いい

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

諦めるのも
自由だけど

多分
神様は同じ
状況を
これからも
見せるかもしれないよ

それは毎日登る
朝日と同じかもしれません

 

 

 

失敗したら
誰かに笑われると
心配するより

失敗したら
やっぱりあなたなんか
って失笑されるより

失敗したら
どうせ私なんかが
って落ち込むより

諦めて
放り出す方が
簡単な時もある

 

 

 

 

 

でも
それがクセになるんだ

そして
習慣になってしまう

諦めるのが
当たりまえの人生

ソコソコでいい人生

笑われないくらいの
挑戦でいい人生

 

 

 

 

あなたが
憧れている人は

実はあなたと
能力はほとんど
変わらないんだ

ただ
諦めないマインドが
ほんの少し多いだけ

大丈夫。

今からでも
間に合います。

 

 

 

初めて僕が
動画商材を
販売しようとした時、

「君のリストで売れるはずがない!」

と笑った人がいた。

 

でも、結果
その動画商材は
29,800円で
300本以上販売。
ロングセラーとなりました。

 

 

 

・笑われるくらいの人生で丁度いい

僕はそう思えるようになってから
全てがうまくいくようになりました^^

沢山のありがとうが生まれる日

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

今日はクリスマスイブですね。

僕はクリスマスプレゼントを
コッソリ買いに行くのが大好きです。

今日は沢山のありがとうが
生まれるんだろうなぁ。
さっ、あとは食材だけだね。

皆さんも素敵なクリスマスを
大切な人とお過ごしくださいね!

 

 

起業してからも、
毎年クリスマスは家族と一緒でした。

 

 

最初のころは
不安でたまらなかった日々が続いたのに、
笑顔でいれたのはやはり家族と
こうした素晴らしい日を
過ごさせてもらっていたから。

今から思えば、
結構「能天気」な僕だったのかもしれません。

でも、間違いなく1人だったら
「不安」に潰されていただろうな。

そんなことを考えながら
クリスマスイブは料理を創ります。

 

 

 

 

僕は料理が好きだから
「丁寧」ということをすごく大切にしている。

高価な食材や、
高価な調理器具など料理の素晴らしさに
関係なく実は「丁寧」にさえすれば、
それだけで世界一のご馳走になるものです。

 

 

 

このマインドは
料理だけではなく
人生やビジネスでも同じ。

結局はどれだけ
丁寧に物事に向き合うかだけだと
僕は感じています。

すると必ず
「最善の成果」は
生まれるはずです。

 

 

料理がそうだから。

「丁寧」に
さえしていくと
必ずご馳走になるはずです。

それはやはり食べて欲しい目の前の人に
向き合うだけなのかもしれません。

 

 

僕がいつも
内緒で買ってきたプレゼントは
奥さんからのプレゼントにします。

こうしておくとね、、

子供達が
自然と奥さんに感謝するわけです。

そして、僕はそれでいいわけです。

 

 

メリークリスマス!
大好きな料理に囲まれて
クリスマスプレゼントに大喜び。
ママさんサンタからの
プレゼントってことに、、ね♡

 

 

 

 

今の景色は家族が
あってこそだと
僕はいつも感じています。

だから「ありがとう」を
忘れないようにする。

あまりね、
自分のことにお金を使うのが
好きじゃないかもしれません。

そして、誰かの喜ぶことに使う方が
「お金も喜んでいる」はず。

 

 

 

 

 

クリスマスは
家族や大切な人と
同じ時間を過ごせていない人も
少なくありません。

たった1人で過ごされている方も
たくさんいるはず。

僕が思うクリスマスは
感謝を振り返る時間でいいと思います。

たった1人でも
今までお世話になった人を思い出して
「ありがとう」と言葉にしてみる。

 

そんな「ありがとう」は
きっといつもよりすごく
「丁寧」な「ありがとう」のはずですよ。

自分を信じる

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

【自分を信じる】
ってかなり高度なマインドセットになります。

なので僕は、
『相手を信じる』から
スタートすることをおススメしています。

 

 

 

 

よく

「あのコンサルタント全くダメでした!」
「あのセミナーは本当にぼったくりでした!!」

と言われる方が少なくありませんが

・決断したのは自分
だというこいうことを
一瞬でも忘れないようにしましょう。

決めた私が馬鹿でした、、
と言っているようなものです(笑)

 

 

 

 

これって
夫婦関係も同じ
パートナーの愚痴は
自分に全部返ってきます。

・うちの旦那は浮気ばかりで、、
って言葉は
・私が魅力がないので浮気されています
と同じこと

・うちの妻は料理もしないで、、、
って言葉は
・妻が料理も作り気もしない甲斐性のない夫です
と同じこと

 

逆にパートナーのことを
いつも褒めている方は
周りから見ても
すごく心地が良いもの

 

 

自分で決断したことに
・『不平』『不満』
が生まれているときは
自分を信じていない時だと
気がついていない方が少なくありません。

 

 

 

 

 

まずは「相手を信じる」

そこに「裏切り」があってもいいのです。

「信じた自分がダメだった!!」
ではなく

「裏切られても信じられた自分を褒めてあげよう!!」
という考え方ができるだけでいいのです。

 

 

 

 

『自分を信じられる人』
は本当に強く輝いている。

2018年はあなたもさらに
・自分を信じられる人
になれるはずです。