人生に裏切られなくなる方法

株式会社ホーリーツリー代表
山中シゲノブです。

 

 

自分のプロモーションが始まると
タスクはゆうにいつもの3倍になる

つまり、、
時間がいくらあっても足りない

 

 

そんな時、自分の周りに
時間を奪う人がいるのか、、
時間を大切にしてくれる人がいるのか、、

これだけで
運の流れも大きく変わってくる

 

 

受講生から
依頼があったあること

1ヶ月以上も
待ってくれて数日前に完成

 

 

それでも心から喜んでくれた

急かさず
ゆっくり待っていてくれた

 

すごいなー、、と尊敬をした。

 

 

 

そんな体験をすると、、
ふと、、、思い返すことがあった

なんでも欲しがる時、、
早く、早く、、の時って、、

山中の人生でも
うまくいくときはほぼなかった

 

何かに焦ってるとき、
相手の気持ちなんか考えずに
自分中心の思考になっている

 

 

話す言葉も
行動も、、全て自分中心

これでは物事はうまくいくはずがない

 

 

 

そんな状態を少し変えたいとき、、

「約束」を守る、、を意識するといい

 

 

相手がもし、忘れていても
「約束」を守る、、を意識するといい

些細な約束ほど
大切にしたい

 

 

以前は
簡単に引き受けた約束も
状況が変わると
難しくなる

でも最初に
やる・・って決めた
約束は大切にしたい

 

 

相手が
どう思うとか

感謝が欲しいとか

見返りが欲しいとか
関係ない

自分自身との
約束でもあるんだよね

 

 

ほんの些細な一言

相手は忘れているかもしれない一言

たった一言で
交わした約束

これからも
大切にしていこう

 

 

すると不思議なことに
人生に裏切られなくなるんだよね^^

 

 

※※※
気軽に約束しない人は、
もっとも誠実に約束を守る。
ルソー

 

 

 

 

98%契約率が伸びる高単価商品をリアルで販売する理由

 

 

前回はこちら
・なぜ欲しいのに購入させてあげないの!

 

 

 

わかりますか?

 

 

お客様は商品を購入をしたいのです!

 

でも、迷っています。

 

 

自分からは
言い出すことができない、、、、

 

 

そんな時に

驚くほど素直にお客様が契約をされる

・超感覚セールストーク

とは?

 

 

 

答えは、、、、

 

 

、、、、、

 

 

 

、、、、、、

 

 

 

 

、、、、、、、

 

 

★☆★☆

購入してくださる前提で質問をする

★☆★☆

です。

 

 

 

つまり、お客様も困っているわけです。

どうやって購入したら良いのか、、、

あと、一押しを待っているわけです。

 

 

 

この感覚をほとんどの人はスルーしちゃって

購入してくださるお客様を

みすみすご縁が生まれないようにしているわけ。

 

 

 

つまり、、、

・なぜ欲しいのに購入させてあげないの!

です。

 

 

 

お客様が購入したがっているのだから

あなたが口火を切る必要があるんですね。

 

 

それが、、

・購入してくださる前提で質問をする

です。

 

 

 

では、どんな質問をするのか?

・超感覚セールストーク

は実はシンプルなんです。

 

 

 

契約率が79%増え

購入してくださるお客様が喜んでくださる

セールストークとは、、

 

 

 

 

 

★☆★☆

毎月の分割で購入されている方がほとんどですが

○○さんがご負担のない金額はおいくらですか?

★☆★☆

 

です。

 

 

 

この質問をすると

本当に興味のない方は

はっきり断ります。

 

 

でも、迷っているお客様は

「うーん、3万円くらいかな、、」

など、購入する意識で話されます。

 

 

 

シンプルな質問ですが、、

迷っているお客様には

・購入してくださる前提で質問をする

・詳細な支払い可能金額を質問する

なのです。

 

 

 

実は、迷っているお客様をそのままにして

購入してもらえないパターンは48%以上!!

 

 

あなたもこの質問を使うことで

高単価商品の契約率は200%飛躍数はずです。

 

 

 

 

 

これはね、交渉術でも同じです。

交渉が苦手な人って自分から「価値を下げてしまう」から。

優しい人には多いんだけどね。

 

 

例えば、あなたのサービスが20万円だとする。

リアルな交渉だと、、

最初から「20万円です」と伝えると、高い!!と言われ、、

じゃ、、半額で、、。

よくあるパターンです。

 

 

 

覚えておくといいのは、

・提供したい価格の2倍の見積もりを伝える

です。

 

すると、相手は高い!と必ず言葉にします。

 

 

で、、、そこから。

黙って相手の次の言葉を待つと、、、

本当にあなたのサービスに価値を感じてるか、、必要としているなら、、

「もう少し、なんとかならない?」

となります。

 

 

商談でこの言葉がもらえると、あなたの立場が上になるので仕事がすごくやりやすくなる。あとは、価格を調整してあげる、、、またはこちらの仕事がやりやすい条件を提示していく、、など進めていく。

 

 

高い金額を提示するって、、、相手の本気度を確かめる大切なステップです。

誰でもいい人に、あなたのサービスは提供する必要はないわけです。

関連記事

  1. 夜店の金魚が教えてくれた奇跡

  2. 生まれて初めてのセミナーは3000円

  3. ほんの少し質問を変えてみる

  4. あの歌聴きたいなとふと呟くと現実になった

  5. 欲しがる人から卒業する

  6. 当たるまで石を投げるだけ

最新記事

powered by WassUp

お客様の声